●ボランティアセンターとは

住んでいる町の身近なところから、心のふれあいや、ほんの少し地域社会に目を向け日々の生活の中でできることを、福祉活動や地域活動に参加しませんか。 地域社会の中で、子どもからお年寄りまで、いつでも、どこでも、だれにでもできる活動です。

まず、このようなことを考えてみてはいかがでしょうか。

1.何をしたいか
2.何ができるか
3.いつ活動できるのか

 

●ボランティアを支援します

1.相談・登録・斡旋

ボランティア活動を希望される人、ボランティアを必要とする人をつなぐ紹介活動についての相談。活動している方の登録などを受付けています。

2.研修会・講習会の開催

ボランティア活動のための初心者や既に活動している方々の研修や各種講座を開催。

3.ボランティア保険の取り扱い

ボランティアをする人たちが安心して活動できるように、保険の加入推進をしています。
◆ボランティア保険・・・ボランティア活動保険(基本タイプと天災タイプ) 、ボランティア行事用保険など
◆補償期間・・・保険加入手続きの受付をした翌日から、その年度の3月31日の正午まで(4月1日~3月31日までの一年間保障)

4.情報提供

ボランティア募集情報

5.広報活動

広報誌の発行やボランティア交流会の開催。

6.ボランティア連絡会の活動支援

ボランティア連絡会は、地域の中で、実際にボランティア活動をしている個人やボランティア団体の集合体です。 全体会や会議などを開き、お互いの情報交換、勉強の場とし連携と親睦を図ることにより豊かな福祉のまちづくりをめざします。

7.ボランティア団体の利用できる助成金の情報や打合せ場所等の提供

 

 ●ボランティア活動保険

津幡町ボランティアセンターでは、ボランティア活動中の様々な事故によるボランティア活動者の傷害や賠償責任などについて補償するボランティア保険の加入推進をしています。

1.加入申込書(加入できる方)

社会福祉協議会およびその構成員・会員ならびに社会福祉協議会のボランティアセンターに登録されているボランティアまたはボランティアグループ
※社会福祉協議会・ボランティアセンターに登録されていることが必要です。

2.補償の対象となるボランティア活動

日本国内における自発的な意思により他人や社会に貢献する無償のボランティア活動

3.補償の対象となる事故

(1)傷害事故
ボランティアがボランティア活動中の急激・偶然・外来の事故によりケガをした場合に保険金をお支払いします。

 

(2)賠償事故
ボランティアがボランティア活動中の偶然な事故により他人にケガをさせたり、他人の物を壊したことにより法律上の賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。

4.その他

ボランティア行事を主催する団体・グループの保険「ボランティア行事用保険」など