●高齢者や障害のある方の日常生活を支援します

1、次に該当し、判断能力が十分でない方が対象です。

(1)もの忘れのある高齢者(認知症高齢者)

(2)知的障害者の方

(3)精神に障害のある方

2、認知症高齢者については、診断の有無に関係なく対象になります。

3、知的障害のある方、精神に障害のある方については、療育手帳や精神障害者保健福祉手帳をお持ちでない方も対象になります。

4、上記[1]に該当する方は、在宅の方だけではなく、病院や施設に入っている方も対象になります。

●サービスの内容

1、日常的なお金の管理のお手伝い

(1)毎日の生活に必要なお金の出入れ

(2)医療費、電話料、税金などの支払い

(3)年金や福祉手当の受取り

2、大切な書類などのお預かり

(1)年金証書、不動産権利証、保険証書など大切な書類

(2)預金通帳や実印
*これらの書類等は、盗難や火災から守るため、金融機関の貸金庫を利用して保管します。

3、日常生活に必要な手続きのお手伝い

(1)住民票の届出や印鑑登録などの行政手続き

(2)住宅改造、住居の貸借に関する契約の手続き

(3)商品購入に関する簡易な苦情処理制度の利用手続き

4、福祉サービスの利用のお手伝い

(1)サービス提供事業者を選択するために、事業者の名称やサービス内容などの情報の提供

(2)ホームヘルパーの派遣やデイサービスなどの利用申込みや契約のお手伝い

(3)福祉サービスへの不満などを担当窓口へ申し出るためのお手伝い

●申込方法

▼画像をクリックすると拡大します

●サービスの利用料金

1、専門員による相談から契約までは無料ですが、契約後の生活支援員によるサービスの提供は、利用料が必要です

(1)各サービスは1回1時間まで1,350円です

(2)1時間を超える場合、30分ごとに325円かかります。

2、書類等の預かりサービスを利用される場合は、貸金庫の利用料が必要です。

3、生活保護を受けている方の利用料は、貸金庫の利用を除いて無料です。

4、住民税非課税の方には、利用料を一部免除できる場合がありますので、ご相談ください。