事業内容

ホーム > 事業内容 > 地域ささえあい事業

地域ささえあい事業

地域ささえあい事業は、だれもが住み慣れた地域で安心して豊かに暮らせるよう、手助けが必要な方の生活を地域社会全体で支え合っていくことが大切と考え、相互援助活動を支援する事業です。

相互援助活動ってなぁに?

「生活の手助けをしてほしい」
「生活の手助けをしたい」
 
このように思っている方が会員となり、お互いに助け合いながら活動をおこないます。相互援助活動は、利用会員と協力会員の合意でおこなわれるものです。

会員の構成

●ボランティアセンター
社会福祉協議会が拠点です。利用会員と協力会員の相互援助活動をコーディネートします。
●協力会員
生活を手助けしたい方。ボランティアセンターが認めた養成講座を受講し、修了された方。
●利用会員
生活を手助けしてほしい方。本町に住所を有している方、又は本町の区域内にある施設等に入所している方。

援助内容の例

●話し相手
●家事援助 ・簡単な家事のお手伝い ・ゴミ出し
●付き添い ・病院 ・お買い物 ・散歩
●家まわりの手入れ  ・雪すかし ・草むしり ・犬の散歩

利用案内

受付 午前9時~午後4時まで
休業 土曜日、日曜日及び国民の祝日、12月29日~翌年1月3日まで
料金 年会費:1000円(保険料事務費含む)
  利用料金:600円/1時間 *1時間を超える場合、30分毎に300円かかります。
キャンセル 前日まで:無料
当日:予約時間帯料金の1時間分
無断:予約時間の全額料金
*キャンセルの連絡は、ボランティアセンターまで(tel.076-288-6276)

援助活動の流れ

1.会員登録 協力会員及び利用会員も登録をお願いします。
(当事業以外の目的では利用しません。)
2.利用申し込み 利用会員からの利用申し込み。
3.協力会員へ連絡 コーディネーター(調整役)が協力会員へ連絡します。
4.打ち合わせ 利用会員、協力会員、コーディネーターとで事前に打ち合わせをします。
5.援助活動  
6.活動費の支払い 利用会員から協力会員へ、活動費の支払いを行います。
7.報告書の提出 協力会員がボランティアセンターへ報告書を提出します。

よくある質問

センターが休みの時でも利用できるの?
調整します。
協力会員さんの車に乗せてもらえるの?
協力会員さんの車に乗ることはできません。タクシー等をご利用下さい。
頼んだらすぐ来てもらえるの?
活動までには、申し訳ありませんが少し時間がかかります。
利用料金はその都度払わなければいけないの?
基本はその都度ですが、利用者さんによって支払い方法を相談させていただきます。
銀行に行って私の代わりに支払いできる?
できません。ただし、付き添って一緒に行くことはできます。
協力会員さんは選べるの?
基本的に選ぶことはできません。
協力会員さんの交代は出来るの?
できます。
業者のような掃除をしてもらえるの?
あくまでも、お手伝い程度の内容です。
ご質問は、お気軽におたずね下さい。


お問い合わせ先

津幡町社会福祉協議会 津幡町ボランティアセンター
津幡町字加賀爪二3番地 津幡町福祉センター内 
TEL.288-6276 FAX.288-6748

ページの先頭へ